Monthly Archives: 9月 2016

2つの主な借地権

まず、ここでは二つの基本的な借地権について取り上げていきます。借地権には、『普通借地権』と、『定期借地権』の主な二つがあります。普通借地権は、最初は30年、その次は20年、その次は10年、というかたちで、契約の更新が認められている借地権です。ですから、住居など、より長期にわたって用いられることを想定した建造物が建設される土地に適用されます。

また、契約年数の満了後地主が契約の更新を拒否した場合などのために、『建物買取請求権』という、借地権を買い取ってもらうことが、特定の条件下で認められています。これは、あくまで解約に正当な理由が認められない場合であり、たとえば借り主が地代の支払いを怠っていたりした場合は、地主による更新拒否は認められることがあります。これに対して50年という一定の年数で契約を行う代わりに、契約の更新が出来ないのが定期借地権であり、こちらはそもそも契約年数が確実に決まっており土地はその期間が満了した時点で変換しなければなりませんから、『建物買取請求権』もありません。

借地権には、主にこの二つの種類があります。前者は主に住宅などを建設する際に、後者は商業施設等が建設される場合に適用になることがあります。

借地権と建造物

家を建てるということや、借りるという行為は私達の生活にはすでに密着している行為と言えるかもしれません。確かに私達はどのようにして家を建てたり借りたりすることができるかという点などについて知っていますがまだまだ知らない点があるというのも認める必要があります。単に私達がアパートを借りたりマンションを借りたりする時には、その住居のことだけを知っておけば良いので、それ以外の深いことについて考えることはありません。というか、通常は考える必要はありません。しかし、将来新しく新築で家を建てるなどの用件が出来た場合、少なからずあることについて考える必要性が生じてくるかもしれません。それが、『土地』に関することです。

誰かが持っている土地は、その土地所油社の手によって売却したり貸与されたりすることがあります。そうすることによって、その土地を買った人や借りた人が、その土地に住居を建てたり商業施設を建設したりすることが出来ます。逆に言えば、買ったり借りたりしなければ勝手に建造物を建設することができないのはもちろん、土地所有者が許可しなければ借りることすら出来ません。そこで結ぶ契約(権利)が、『借地権』という、他人の土地を借りるための権利です。

普段借地権について触れることはないかもしれませんがそれについて知っておくことによってより世の中の仕組み、私達が住んでいる住居の契約の土台などについて知っておくことができるので、ぜひ簡単な知識だけでも知っておくようにしましょう。