借地権は売却、買取り、相続できる?

借地権はそのように、買い取って貰うことができるほか、売却・譲渡する事も出来ます。これはあくまで、地主の許可があってはじめて行えるものですが、不可能ではありません。また、借地権は、契約者の死亡によって、相続されることがあります。この相続に関しては、地主の許可は必要ありません。ただし、契約者は変わってしまい、地代を支払う人も変わってしまうのでそのあたりでトラブルになることもあります。基本的には、相続されたという理由で地主が契約を破棄するといったことはできません。

そのほかには、ここで挙げた借地権の売却、または譲渡等に関して、本人同士だけで行えば話し合い等がうまくいかない場合もあります。そこで、売却や譲渡等の話し合いや手続きを代わりにおこなってくれる企業に依頼することも可能です。それによって、より正確で良い交渉が可能となります。

もし地主側がなんとしても土地を売却することに対して反対する場合は、法的にそれを訴えること、…ここでは『借地非訟』といいますが、それを行うこともできます。しかしこれには両行であったはずの、契約者と地主の関係が悪化してしまうなどのデメリットが大きいという点もあり、やはり穏便に解決することの方が推奨されます。