借地権と建造物

家を建てるということや、借りるという行為は私達の生活にはすでに密着している行為と言えるかもしれません。確かに私達はどのようにして家を建てたり借りたりすることができるかという点などについて知っていますがまだまだ知らない点があるというのも認める必要があります。単に私達がアパートを借りたりマンションを借りたりする時には、その住居のことだけを知っておけば良いので、それ以外の深いことについて考えることはありません。というか、通常は考える必要はありません。しかし、将来新しく新築で家を建てるなどの用件が出来た場合、少なからずあることについて考える必要性が生じてくるかもしれません。それが、『土地』に関することです。

誰かが持っている土地は、その土地所油社の手によって売却したり貸与されたりすることがあります。そうすることによって、その土地を買った人や借りた人が、その土地に住居を建てたり商業施設を建設したりすることが出来ます。逆に言えば、買ったり借りたりしなければ勝手に建造物を建設することができないのはもちろん、土地所有者が許可しなければ借りることすら出来ません。そこで結ぶ契約(権利)が、『借地権』という、他人の土地を借りるための権利です。

普段借地権について触れることはないかもしれませんがそれについて知っておくことによってより世の中の仕組み、私達が住んでいる住居の契約の土台などについて知っておくことができるので、ぜひ簡単な知識だけでも知っておくようにしましょう。