2つの主な借地権

まず、ここでは二つの基本的な借地権について取り上げていきます。借地権には、『普通借地権』と、『定期借地権』の主な二つがあります。普通借地権は、最初は30年、その次は20年、その次は10年、というかたちで、契約の更新が認められている借地権です。ですから、住居など、より長期にわたって用いられることを想定した建造物が建設される土地に適用されます。

また、契約年数の満了後地主が契約の更新を拒否した場合などのために、『建物買取請求権』という、借地権を買い取ってもらうことが、特定の条件下で認められています。これは、あくまで解約に正当な理由が認められない場合であり、たとえば借り主が地代の支払いを怠っていたりした場合は、地主による更新拒否は認められることがあります。これに対して50年という一定の年数で契約を行う代わりに、契約の更新が出来ないのが定期借地権であり、こちらはそもそも契約年数が確実に決まっており土地はその期間が満了した時点で変換しなければなりませんから、『建物買取請求権』もありません。

借地権には、主にこの二つの種類があります。前者は主に住宅などを建設する際に、後者は商業施設等が建設される場合に適用になることがあります。